交通安全教室〜自他の命を守る

2024年4月16日火曜日

1年生 2年生 3年生 生徒学校の様子

t f B! P L

 4/16(火)6限目、全校集会の形式で交通安全教室が開催されました。目的として2つ。1つ目は、特に自転車に関する交通ルール遵守の意識を向上させるとして、プロジェクターに事故現場の動画が映し出され自転車交通ルールを確認しました。

交通安全ルールの説明 (松井先生)




2つ目は、自らが加害者になる可能性を知り、自分の身を守るすべを学ぶとして、生徒指導部の先生が危険行為を実演してくれました。

スマホのながら運転 (池田先生)


イヤホンをしての運転 (山下先生)


二人乗り運転 (田端、池田先生)


並列走行運転 (山下、池田先生)


片手(傘差し)運転と非接触事故 (吉田、田端先生)


あおり運転 (松村、池田先生)


「百聞は一見に如かず」で、とても説得力がある実演でした。生徒たちも先生たちの実演を見て自分の自転車運転を省みるいい機会となりました。
最近よく、スマホを見ながら、アイポッドをして音楽を聴きながら運転する中、高校生を見かけるようになりました。そのことで警察署の交通課に勤務する教え子に相談したことがあります。警察は啓発活動や実際に検挙する場面もありますが、学校と言う教育機関で話題に取りあげてもらうことが未然防止として、とても効果があります。だから山本先生、協力して下さいと嘆願されました。その要望が、今日「交通安全教室」として実現できたので教え子との約束が守れました。命を守るタッグを組むことができました。

最後に模範運転として田端先生が見本を示してくれました。



安全装備は基本 (ロードバイク選手)